« 上海再び8日目 | トップページ | 上海再び10日目 »

2006年3月21日 (火)

上海再び9日目

今日を含めて、あと工場に2回行けば、帰れるのです。
日本は、祝日でお休みですけど、中国は関係ないのです。

いつも通りにホテルにお迎えのバスが来たので乗り込むのです。
だいたい、出発15分前にバスが来るのです。
玄関がちょと混み合っているのもあって、いつもと違う場所にバスが止まっていたです。
出発10分前になりましたが、ぶんちゃんが来ないのです。
場所が違うので、玄関にいるのかなーって思って
迎えにいったんですけど、いないのです・・・

まさか、お寝坊じゃないですよね?
人のこと言えませんけど012

英語でお話できる同僚に相談して、呼び出してもらうことにするです。
フロントで部屋番号を聞いたりしている間に残り時間5分・・・
き、危険なのですー私達もおいて行かれちゃうかも・・・
荷物はバスの中にいれてありますけど、
中国人勝手に部屋の鍵閉める人たちなので油断はできないー

部屋番号が分かったので、ホテルの内線電話を借りて電話をするです。
そしたら、まだ部屋にいたのです017
急いで出てきてもらって、何とかバスに間に合ったです。
ふーギリギリセーフ!朝からスリリングな展開でなのですよ。
寝ているのかと思ったんですけど、
おなかの調子が悪くて個室も入っていたら時間が・・・って理由だったみたい。
んもう、心配させないで欲しいわ014

バスが走り出して10分もたたないうちに、ぶんちゃんが携帯でお話を始めました。
騒音もあって、何を話しているかわかりませんけど
なんか、必死になっているのは分かるのです。
でも、電波状況が悪いので通話切れまくりで、英語がうまく通じないようなのです。
何があったのかしら?
私「どしたんです?」
ぶ「ホテルに財布忘れてきました。」
中国元も日本円もクレジットカードも全部はいっているそーです。
う゛ぉえぁー027
なんで、お財布分けておかないのよ016

英語のできる同僚さんが代わりに電話することになったです。
同僚「My name is Bun-chan.Room number is 1234.」
って感じで、お話しているんですけど
携帯が切れまくりで、何回もかけることに・・・
工場まで30~40分ぐらいかかるんですけど、ずーっとお電話。
そのたびに「My name is ~」から、始まるものだから
部屋番号覚えちゃったわよ011

移動中に少し眠ろうと思っていたんですけど全然眠れないー
それは、同僚さんも同じなのです014
朝からアクセル全開お疲れ様。
その甲斐もあって、お財布は無事保護されました。
ふー大事にならなくて良かったのです。

お仕事は、大変でしたけど、生産自体は順調でした。
思ったよりも早くホテルに戻ることができたのです015
夕食は・・・再び鼎泰豊(ディンタイフォン)行くことにー
途中から合流した社員さん、行ったこと無いということなので
じゃ行きましょって話になったのです。やほ~い!
2回目でもやっぱりおいしかったのです。
小龍包食べ過ぎて、口のなかがヤケドしちゃいました。
でも、幸せの痛みなのですよ018

ホテルに戻ったあとに、報告書を書いていたです。
おいしい食事の後でご機嫌だったのですけど、気がつくと、妙な倦怠感が・・・
なんか、体がだるいのです028
それでも、報告書を書いていたら書き終わる事には、頭もぐらぐら・・・
立ち上がるのもきついのです014
どーなっちゃったのぉ?さっきまで、あんなに元気だったのに・・・
そーいえば、さっきからお酒に口を付けていないのです。
私「お酒が飲めない・・これは、まずいのです・・・」と、ぼそぼそ言いながら
報告書をメールして、ふらふらしながら翌日の準備をして、すぐに休むのです。
というか、もう横になりたい倒れたい・・・

ついに、体調を崩してしまったのです。
あと1回工場いって、その次の日は、帰国なのです。
もうちょっとなのです。がんばれ私><

|

« 上海再び8日目 | トップページ | 上海再び10日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海再び9日目:

« 上海再び8日目 | トップページ | 上海再び10日目 »