« ファ・ミルいってきました | トップページ | 目標達成 »

2009年5月28日 (木)

さてっと

間が開いてしまいました029
ここ数日、またしても肝臓耐久試験を実施することになりまして、なんか疲れましたです014
飲んでいるときは、良いのですけど、翌日からの回復が(涙

さて、海外赴任シリーズもいろいろな動きがあったです。

① 引越

業者さんと打ち合わせしたです。
引越荷物の到着には、1ヶ月以上かかるということでつ。
まぁたしかに、物品を通常の手順で輸出するとその程度かかるのは普通なのですけども。

輸送自体は、上海は近いので、船便の手配に1週間、輸送に数日って感じなのですけど
外国人の居留許可やらなにやらの書類が中国で作成しないとなので
結局は、1ヶ月はかかっちゃうみたい。
航空便も使えますけど、早く送っても通関できないってことです。
船便でちんたら、運んでもらいますです。

私は、6月10日に出発予定ですけど、実際の荷物の発送は20日頃の予定。
なので、普段使用するものは、できる限り手で持って行くことになるですね。

引越荷物の場合は、個人で使用する生活品ということですので
1家族に1回だけ、関税がかからない(通常の課税対象じゃない)特殊な通関手続きみたいです。
別送すると、100%課税されちゃいますです。

また、この方法では、電化製品、高級品などは、同じ機能を持つ物を2つ発送できましぇん。
パソコン、ラジカセ、カメラなど・・・趣味で数台もっている方なんかだと悲惨です。

あと、パソコンですけど、なんか非該当判定やらパラメーターシートとかが必要らしく
よーするに、電子計算機がスーパーコンピュータじゃない証明が必要とか。
私は、ノートパソコンは、自分でもっていくので問題ありませんけど
自作PCだと、この書類が出てこないわけで、まず持って行くのが困難とのことでした。

このお話しを聞いたとき、超ショックで、どーしたものかと(涙
部品で持って行けばいいのかと、色々考えましたけど
後の調査で、「今」は可能らしいです。今後、厳しくなるみたいです。

なので、今後、自作PCを中国に持って行く(輸出)のは無理だと思った方がいいとおもいます。
中国の方に聞いてみたら、DHLなどの国際宅急便で輸出は可能なようです。
ただし、船便でも運賃が数万円かかる上、関税が約500元(日本円で7000円ぐいらい)
さらに、中国語での理由書(個人で使用するんだよーんって内容)を添付しないといけないので
かなりハードルが高いですねぇ・・・

まぁ裏技で、パンドキャリー業者を使えば可能かもです。
数十万円かかりますけども。
ここまでやると、現地で買った方が安いですね・・・

あと、意外だったのは、工具箱ダメみたいです。
ドライバー2本とかそういうレベルなら問題ないっぽなのですけども。

国内で普通に引越する場合は、自分で荷物を梱包するわけですけど
海外の場合は、全ての荷物について、リストを作成しないとダメでつ。

たとえば、DVD何枚とか、お皿が何枚とか、極端な例では、箸が何膳とか012
なので、梱包しても全部チェックするから、無駄になります(笑
このあたりは、業者さんにお任せな感じで、リストだけ作成し、
持って行く物をまとめておくだけで良いとのことでした。

② VISA関係

これは、私はあまり苦労しませんでした。
就職先の中国の企業が、就業許可証を申請し、許可が出てそれを日本の旅行代理店に郵送されて、
そのあと日本の中国領事館へVISAの申請を行う感じでつ。(これは個人ではできないそーです)
なので、私は、呼び出された時に代理店さんへパスポートを持って行って
何枚か紙を書いて来ただけです。
ちなみに、特急手続きをしてくれたようで、3日で入手できますた

これが、就業許可証とVISAでつ。

Photo

③ 住民異動

なんか、あっさり終わっちゃいましたです。
住民異動の手続きで、名前と異動先に「中国 上海」って書いただけ
で、これで、終わりです(笑

本人証明は、求められるのは、当然として・・・
パスポートやらVISAの提示を求められるかと思ったのですが・・・
なんもなかったですねぇ・・・なんか拍子抜け025
場合によっては、提示を求められると思いますので、持って行った方が良いと思います。

④ 国民年金、健康保険

私は、5月末までは、今勤めている会社の所属なので、6月からの手続きになるです。
で、お話しを聞いてみたら「なんもしなくて良い」とのこと025

帰国したら、すぐに住民を登録して、
そのときに海外にいましたーって、パスポートを提示する。って、ことでした。

私の場合は、会社の厚生年金と健康保険組合だったので
このまま、手続きしないでもよかったわけです。
ただ、健康保険や年金は支払うのが基本ですけど、
海外に住所を異動した場合は支払うことに関して強制力は無いって感じでしたね。
だから、「払わなくてもよいと、言えない」と、お役所の方がおっしゃっておりました。
健康保険も海外で医療をうけても、申請すれば一定の支払いがでるそーですけど
私の場合は、民間の保険に会社が契約してくれれいるので、国民健康保険は必要ないと判断したです。

国民健康保険、国民年金に入っている方が海外に異動する場合は
なんらかの手続きが必要になると思います。
もちろん、払っておく方が良いのですけど、私は余裕がないので・・・
それに、年金と健康保険で数万円払うんだったら、それだけで中国で生活でちゃいます。

⑤ 税金

私は日本での所得がなくなりますです。
家や土地もないので、固定資産税もかかりませんし、
当然、家賃収入などもありませんから、日本では無収入。
なので、日本の所得税はもうかかりません。(中国でかなりもっていかれちゃいますけども)

ただし、住民税は前年度の所得から計算されますので、今後1年間支払う必要があるです。
これは、代理者を立てる必要がありまして、日本にいる家族に代理納税してもらう感じになるですね。
通知も代理の方にいきますです。

ってな数日間でした。
なんか、いよいよって感じがしてきましたねぇ・・・

|

« ファ・ミルいってきました | トップページ | 目標達成 »

コメント

ホントにいよいよなんですねぇ(´・ω・)

>PC
もしかして中のソフトとかもチェックされるんでしょうか

イリュージョンとかエルフのゲームなんかは中国政府から違法と
判断されてるんでインスコされてたらその場でパクられてブタ箱に
ぶち込まれたりするのかなーと思ったり


今のラジコンなんかも軍事転用可能な部品満載だから持ち込め
なさそうだし…僕は中国住めんなぁ(ーー;

投稿: へぼにゃん | 2009年5月31日 (日) 03時21分

さすがにPCの中身までは、チェックされないのでは?
ちなみにチェックされても困るような物は入っていませんし(笑

ラジコン系は、持ち込めないかもしれないですねぇ
軍事転用もありますけど、周波数の問題の方が大きいかもです。

投稿: めぐ・はまー | 2009年5月31日 (日) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さてっと:

« ファ・ミルいってきました | トップページ | 目標達成 »